糖尿病にならないためにはどうしたらいいのか、皆さんの悩みですよね。出来れば糖尿病にならないようにしたいですよね。そのためには食事が1番大切です。ここでは糖尿病になりにくくする食事を紹介していきます。

糖尿病

糖尿病になりにくくするためには食事が1番大切!

更新日:

糖尿病の方がしている食事ってどんなものかご存知ですか。
それはカロリー制限と糖質制限です。どちらも似ていると思われますが、確かに系統は似ているのですが。大事なことは糖質制限です。
カロリー制限をしたとしても糖質が多かったら意味がないですからね。

糖質制限をしていれば食べ過ぎる以外はカロリーが増えることはないので、大事なことは糖質制限ってことです。

ここからはもう少し詳しくどんな食事にしたほうがいいのか、食事の仕方まで詳しく紹介していきたいと思います。

糖尿病には徹底的な食生活の改善が必要

糖尿病の天敵というのは血糖値の上昇です。
血糖値が上昇する糖尿病というのは、徹底的な食生活の改善が必要です。

その代表的なものとして糖質の制限をする、糖質を取りすぎないことが大事です。
糖質というのは、普段よくたべているご飯、パン類、麺類などの炭水化物と呼ばれるものの中に含まれています。
炭水化物=糖質と思ってもらっていいです。

ではとりあえず炭水化物の食事を止めればいいのかって極端にいう人がいるのですが、それは違います。
炭水化物をとらない生活というのは栄養素が足りなくなってしまって体調不良になってしまいます。

そのため炭水化物を制限する、減らすということを心がけてください。
糖尿病の時の食事は、何をどのくらい食べていいのか細かく教えてくれます。
ただこれは糖尿病になってから言われることです。

まだそこまでの状況ではなく、糖尿病を予防するという時は意識的に糖質を少なくしていく必要があります。
栄養バランスが崩れないように糖質を制限していくことで糖尿病になりにくい体を作ることが出来ます。

自分でも簡単に取り組める方法をいくつか紹介していきます。
・食事をするときはなるべく腹八分目でやめておく
・料理の種類を増やして栄養素をとる
・脂質が少ない料理を食べる
・食物繊維の多い食事をする
・規則正しく3食食べるようにする
・食べる時はゆっくるかんで食べる

このように少しのことを意識するだけで大きく変わってきます。

糖尿病には必要なエネルギーだけの食事でいい

糖尿病の時は最低限必要なエネルギーだけをとるようにしてください。
それってどれくらいの食事量なのでしょうか。
糖尿病の時に気をつけてほしいは一度の食事で食べ過ぎないことです。
食べ過ぎることで血糖値を上昇させてしまうことに繋がるので、なるべく小分けに食べるようにします。
とりあえずは1日に摂取すべき必要なエネルギーを出して、それを何食かに分けて食べると糖尿病によい食事になります。

偏ることはよくありません。
出来ればその摂取量を3食に平均的に分けて食べるとベストですね。

1日の総エネルギーの求め方はこうです。
標準体重(キロ)×身体活動量(カロリー)となります。
この標準体重というのは求め方がちゃんとあって、
標準体重=身長(メートル)×身長(メートル)×22となります。

次に身体活動量(カロリー)というのは、毎日の仕事内容によって変わってきます。
デスクワークなどあまり動かない仕事の人は約30カロリー。
立ち仕事などで普段からよく動いている仕事の人は約35カロリー。
力仕事で体を動かすことが多い仕事の人は約40カロリー。

このような計算になるのでみなさんも計算してみてくださいね。

糖尿病の人には栄養バランスを考えた食事が必要

糖尿病の方は1日の摂取カロリーが決められていること、糖質を制限することといった重要なポイントがあります。

そしてもう1つ大事なのが栄養バランスを考えた食事にすることです。
糖質が含まれている炭水化物を減らすことは大事なのですが、炭水化物、炭水化物、脂質のバランスが取れた食事をすることです。
その中で炭水化物の量を少なくすることがベストです。

とにかく食事の量を抑えようと思ってランチはおにぎりだけにするといった人もいます。
そうすると栄養バランスは崩れてしまうのでよくありません。
炭水化物だけでなくタンパク質や脂質というのもバランスよく摂取していかないと他の部分で体が悪くなってしまいますよ。

実はちゃんと好評されている数字があり、摂取するべきエネルギーの中の配分として、炭水化物は50%、タンパク質は20%、残りを脂質といった割合がよいとされています。
ただ、このあたりを細かく管理していくのは難しいと思うので、自分で毎回の食事で少しだけでも意識しておきましょう。
栄養バランスが崩れているかどうかは判断できると思います。
今回の食事は崩れたなと思ったら、次の食事からは変えようという意識をすることも大事です。

糖尿病の人にはカロリー制限の食事がオススメ

糖質制限とともに全体のカロリー制限をすることも大事です。
先ほど紹介した1日の必要摂取量を意識してカロリー摂取を控えてもらいたいです。

糖尿病の治療には食事療法や運動療法、薬物療法という種類があるのですが1番大きな効果があるものは食事療法です。
糖尿病の時に最初に指導を受けるのが糖質制限をすること、カロリー制限をすることです。

カロリー制限をすることで自然と血糖値の上昇を抑えることが出来るからです。
糖尿病を予防する、糖尿病の治療には血糖値を抑制するというのが1番大事なことだからです。

カロリー制限する食事ってなに

では実際にカロリー制限する食事とはどんなものにしたらいいのでしょうか。
ダイエットしたことがある人は分かるでしょうが、カロリー制限はなかなか難しいです。
かろりー制限する食事というのは、意外と簡単です。
いつも食べている量を少しでも減らせばいいのですから。

糖質制限のように食べる食事の種類を考えるのではなく、食べる量だけの調整でいいのえ始めやすいですよね。

カロリー制限をすればステーキも食べられる

実は糖尿病であってもカロリー制限をすればステーキも食べることが出来ます。
例えばの話しですが、3食合計の食の中でご飯やパンなどの炭水化物系の料理を減らすと必然的にカロリーを減らすことが出来ます。

そのカロリーが減らされた中でステーキなどの肉系を食べることが出来ます。
ステーキもカロリーはそれなりにあるかもしれませんが、炭水化物ではなくタンパク質なので糖尿病としては良い質の食材になりますからね。

おわりに

糖尿病にとって大事なことは食事ということを分かってもらえたと思います。
食事といってもいろいろな種類があり、糖質を制限するものや、カロリーを制限するものがあります。

どの方法がいいかは糖尿病になっている症状のレベルにもよりますし、糖尿病の予防の段階なのかによっても違ってきます。

糖尿病であったとしても食事制限の内容によってはステーキなどのお肉類も食べることが出来ますよ。
是非自分に合った方法を見つけてくださいね。
医者の実験でわかったイヌリンサプリ「金の菊芋」の凄い成分や効果、口コミ

-糖尿病

Copyright© おすすめ糖質カットサプリ「金の菊芋」の口コミ・効果!医者の実験でわかった! , 2018 All Rights Reserved.