血糖値という言葉を知らない人はいないでしょうが、実際に数値を見て正常値というを知っている人はどれくらいいますかね。血糖値を理解する上で正常値を知っておくことは重要なので、それをこのページでは詳しく紹介していきます。

血糖値

自分の血糖値は低い?高い?正常値を知っておこう

更新日:

血糖値に関連する血糖というのは血液の中にあるブドウ糖の濃さ、いわゆる濃度というのを示している数値です。
このブドウ糖というのは人の体の中でエネルギーになっている部分で、ブドウ糖が体の中にあることで正常に活動が出来ています。
これは体もそうですが、脳もそうです。

ただこの血糖が体の中で多すぎる、少なすぎるといった状況になると体にとっては負担になってしまいます。

血糖値の正常値を知っておくことで、自分の今の生活リズムでOKなのか1つの指標にすることが出来るので是非参考にしてください。

血糖値の正常値はどの範囲なら大丈夫なのか

ではまず血糖値というのは、どの数値が正常範囲なのでしょうか。
そもそも血糖値を測定するタイミングですが、基準となるのは「空腹時」であるということを覚えておいてください。

空腹時の血糖値の正常地としては
・80~110mg/dl未満「優」
・100~130mg/dl未満「良」

となっているため、この80~130というのを正常値と思ってください。

ただこれは標準体重の人の基準なので、自分は肥満体重だったり痩せている体重の人は少し変化があります。
あくまでこの数値におさまっていれば正常値というものになります。

血糖値とはどのように数値が変化していくのか

では血糖値というのはどのように数値が変化していくのでしょうか。
いつでもが空腹時という訳ではないですよね。
確かに空腹時はよかったとしても食事をした時には変化しているという人も少なくありません。

この食事というのが血糖値の数値の変化に大きく影響しています。
そのため食前と食後というので血糖値は大きく違っており、食後というのは血糖値がかなり上昇するということを覚えておいてください。

そのため、人によっては血糖値を上げないために食事の回数を減らしたりする人もいるみたいで、それはあまりオススメ出来ません。
血糖値を正常にコントロールするのであれば規則正しく1日3食ということは必要になってきます。

あくまで例ですが、食事の回数を1回減らしたとしましょう。
空腹時は血糖値が低い状態なのでその状態が長く続けば血糖値が上がるのを防ぐことが出来ます。
でもこれはあくまで一時的に防ぐことが出来るというだけです。

ここで気をつけてほしいのが空腹時は血糖値が上昇しないだけであって、血糖値が下がるということを覚えておいてください。
そのため、血糖値が低くなりすぎて、その状態で食事をすると血糖値の上昇幅が大きくなり、体にそれは負担になってきます。

それだけでなく空腹から食事をすると脂肪の吸収率が高くなり、かえって糖質を多く吸収して、いつも以上に血糖値が上昇してしまうかもしれません。

血糖値が低い状態を保つことは出来るが、食後に与える影響は大きいので食事回数を減らすということはオススメ出来ません。

このように血糖値というのは食事によって変化していくものなのでなかなかコントロールすることは難しいってことです。

血糖値が異常値の場合はどのようなリスクがあるのか

では血糖値が正常値ではなく、異常値となった場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

血糖値が異常値になった時に1番考えられるリスクは糖尿病へのリスクです。
糖尿病というのを知らない人はいないでしょう。
日本の中で最も多いと言われている生活習慣病ですからね。

糖尿病というのは高血糖、いわゆる血糖値が高いことによって起きる病気です。
糖尿病になると血液がドロドロになってしまい、血管に大きな負荷がかかるようになって、それによってその他の病気を引き起こしてしまいます。

血管がつまることによって脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気になるだけでなく透析が必要な体になってしまう怖い病気なのです。

糖尿病というのは1つの大きなくくりであり、糖尿病の合併症としては網膜症、腎症、神経障害などもあり得ますからね。

先ほど伝えたように空腹時でも血糖値が正常範囲以上になっている場合は対策が必要になってきますね。

血糖値はどんな時に測定するほうがいいのか

血糖値を測定するときのタイミングとしては空腹時です。
ただ先ほど紹介した糖尿病というのは空腹時が正常値であったとしてもならない病気ではありません。

糖尿病の初期症状としては空腹時の血糖値には異常がないケースも見られます。
初期症状としては空腹時は正常だったとしても、食後の異常上昇が見られて糖尿病と診断される人もいます。

糖尿病の初期段階というのは、まだ体の中に血糖値を下げる役目のあるインスリンの分泌が行われているので、食後に上昇したとしても空腹の状態になれば血糖値は下がっていってくれます。

食後の血糖値は基本的には正常値を越えてしまうので、その時に測定したとしても正常値というは存在しません。

先ほど伝えている空腹時に正常値でない人というのは、インスリンの分泌がされておらず血糖値が下がらないので、糖尿病と診断することが出来ます。

細かく測定していくためには
・食後の血糖値
・食後1時間の血糖値
・食後2時間の血糖値
・食後6時間の血糖値

といったように段階的に測定していき、下がり方が遅い、空腹時になったにも関わらずそこまで下がっていないなどいろいろ確かめることが出来ます。

ただこの場合は自分で測定するのは難しいので内科医の診断を受けてみるほうがいいですね。
今の食生活が気になっていたり、ちょっとおかしいなと思ったら早めに受診するようにしてくださいね。

血糖値が高い時の対策

では血糖値が高い時の初期対策としては何をすればいいのでしょうか。
空腹時の血糖値が正常値であっても、正常値の中でもギリギリという人もいますよね。
そんな人はちょっとした心がけで血糖値を下げることが出来ます。

また、糖尿病の診断を受けた時にまだ初期症状であれば、まずは運動や糖質制限を提案されます。

これはどうしてかというと、血糖値が正常値よりも高くなっている原因は、普段の生活リズムによるものです。
確かに遺伝的な要素もありますが、大きくは日常生活の乱れです。

血糖値が正常でない人の少なからずの理由としては食生活が関わってきます。
誰もが分かっていると思いますが、暴飲暴食、飲酒や喫煙といったものは体によくないに決まっていますよね。

許容範囲なら問題ないと思っている人もいるでしょうが、血糖値が正常値でない場合は、それはもう許容範囲を越えているというサインです。

許容範囲は人によって違うのです。
みんなは大丈夫ではなく、自分にはどの範囲が合っているかを見てください。
というより血糖値が正常ではないということは、それはもう正しくしなければいけません。

血糖値を下げていくために生活リズムを見直すと同時に血糖値を下げるための効果的な食べ物を取り入れることも大事です。

脂っこい食事、食材というのは血糖値の上昇に繋がってきます。
なるべく脂を使っていない魚系や和食ということを心がけましょう。

栄養バランスが整った食事にすることが血糖値を下げることに繋がってきます。

血糖値を正常値にするためのサプリ「金の菊芋」とは

実は血糖値を正常値にするためのサプリメントがあります。
それが金の菊芋といった菊芋を使用しているサプリメントです。

菊芋というのには血糖値を下げる効果があると実証されており、このサプリは糖尿病治療を専門にされている内科医が監修しているサプリなので効果が実証されています。

食事制限がそこまで出来ない、運動も取り入れるのが難しいと思っている方は、サプリメントに頼るものありですよ。

サプリメントっていろいろありますが、1番は安心して飲むことが出来るかです。
金の菊芋は医者が監修しているところ、そして国産の成分にこだわっているので安心することが出来ます。

サプリメント成分には他の添加物は何も入っておらず、菊芋98%配合なので、まさに菊芋を食べるのではなく凝縮して飲むといった感じです。
純度が高いというのも効果が出やすい理由になっています。

おわりに

血糖値の正常値を理解してもらえたと思います。
空腹時でも正常値にならない人は、高血糖の状態になっており糖尿病の予備軍かもしれません。
今は何も体に症状は出ていないけれど、いつ症状が出てもおかしくないかもしれません。

正常値になっている人も少し数値が高いなと思っているのであれば、運動や食事を気にしてあげましょう。
サプリメントという選択もありますね。
医者の実験でわかった!イヌリンサプリ「金の菊芋」の口コミ・効果!

また空腹時が正常だったとしても、ちょっと体がおかしい、血管がつまるといった症状になっている方は内科医を受診してみましょう。

-血糖値

Copyright© おすすめ糖質カットサプリ「金の菊芋」の口コミ・効果!医者の実験でわかった! , 2018 All Rights Reserved.