血糖値が高いのは体に良くないのは知っているけれど、そもそも高くなる原因を知らないという人も多いです。病気になってから知るという人が多いですが、早めに知っておくことにこしたことはありません。このページでは血糖値が高い原因についていくつか紹介していきたいと思います。

血糖値

血糖値が高い原因は?糖尿病にならないために出来ること

更新日:

血糖値が高いっていうけれど、高くなってしまった原因は何なのか気になっている人は多いですよね。

血糖値というのは血液の中にあるブドウ糖の濃度を表している数値になります。
高血糖という言葉もありますが、血糖値が高い、血糖の濃度が高い状態のことを言います。

血糖値というのは一定ではなく、いろいろと変化しているってことも覚えておいてくださいね。

ここからは血糖値が高くなってしまった原因、血糖値が高いことは何がいけないのか、どんなリスクがあるのか紹介していきたいと思います。

血糖値が高いと糖尿病のリスクが高まる

まず最初にお伝えしておきたいのが、血糖値が高いことによって糖尿病のリスクが高まることを覚えておいてください。

糖尿病というのはインスリンという体の中にある血糖値を下げるホルモン分泌が減り、その効果が弱まっていること、それによって血糖値が高い状態のことをいう病気です。

インスリンというのは血液の中にある糖分を他の臓器や細胞といったところに取り込む働きをしてくれています。
分かりやすくいうとインスリンの効果が弱まってしまうと、血液の中の糖分が必要な臓器などに取り込まれないようになってしまいます。

分かりやすくいうとインスリンというのは糖を必要としている臓器へ送り出すための大事な役割をしているものです。

そのインスリンがなくなっている一つの基準として血糖値が高いというのが目安となっているのです。

糖尿病というのはそれ単体でも怖い病気なのですが、伝えたように他の臓器への影響もあり、他の病気を発症してしまうといったリスクもあることを覚えておいてください。

血糖値が高い主な原因

ではここからは血糖値が高くなってしまう主な原因を見ていきましょう。

偏っている食生活をしている、運動不測の生活をしている、肥満体型といったものは血糖値が高い体になりやすく糖尿病のリスクを高めてしまいます。

それだけでなくストレスというものも実は血糖値を上げる原因にもなっています。

偏った食生活によって血糖値が高くなる

これはもう周知の事実かもしれません。
ただ偏った食生活と一言で言っても血糖値には何がいけないのかご存知ない方もいます。
血糖値が高くなる原因としては糖質を多く取りすぎている、糖質が多い食事に偏っていることが原因です。

糖質というのは、炭水化物系のジャンルに含まれているものです。
この糖質の過剰摂取によって血糖値の上昇、そして肥満へと繋がってしまい、2型糖尿病へのリスクも高まってきます。
糖尿病は生活習慣病の一つとされており、普段の食生活リズムによって引き起こされているもの、血糖値が高くなっている原因というのを覚えておいてください。
栄養バランスを考えた食事を意識するようにしてください。

そうすることで自然と糖質が制限されて、必要な栄養素を補給してバランスの良い体になってきます。

運動不足によって血糖値が高くなる

運動不足によって血糖値が高くなるのではなく、運動をすることで血糖値を下げる働きがあるということです。
結果的に運動をしなければ血糖値が高い状態が続いてしまうという症状が起きます。

運動をすることによって血液中の糖をエネルギーにして消費できるようになります。
血糖値が高い状態から下げることが出来ます。
運動不足は血糖値を下げることだけでなく、健康的な体作りにも必要なことなので、始めることは大事です。

肥満状態になっていると血糖値が高くなる

肥満になると、どうしていけないのか。
肥満になっていると体の中の血糖値を調整する機能がうまく働いてくれないようになっています。
それによって糖尿病になるリスクが高くなります。
肥満状態は血糖値が高くなる原因だけでなく、高血圧や脂質異常症など、他の病気になるリスクも考えられるので見直しをしたほうがいいですね。

まあこれも先ほど紹介した偏った食事と適度な運動が出来ていないことによって起こる症状なので、まずは最初の2つを心がけていきましょう。

また肥満というのは見た目で判断するものではなく、正式な数値基準があります。
肥満度を表す体格指数であるBMIが「25以上」になると、肥満状態となります。

<BMIの計算式と判定基準>

体重(㎏)÷身長(m)÷(m)=BMI
※例えば身長170cm、体重90kgの場合
90÷1,7÷1,7=約31ってことになるので肥満数値ということが分かりますよね。

ストレスによって血糖値が高くなる

ストレスがどうして関係しているのって思われる方も多いでしょう。
ストレスを感じていると交感神経の働きが活発状態になります。
交感神経には血糖値を上昇させるためホルモンが増えてしまうといわれています。

リラックスしている状態の時はそのホルモンが増えることはないみたいです。
さらにリラックスしている状態の時は副交感神経の働きが活発になるので、逆にインスリンの分泌が多くなるので、血糖値を下げてくれます。

遺伝によって血糖値が高くなる

実は血糖値が高くなり糖尿病のリスクが高まる原因として遺伝が関係しています。
家族に糖尿病の方がいる方はそのリスクが高いということですが、すべての人が対象という訳ではありません。

出来れば定期的な健康診断を受けたり、何かちょっと体がおかしいなと思ったら、病院にいって検査してもらうようにしてください。

血糖値が高いことによって起こる症状

では実際に血糖値が高いことによってどのような症状が起こるのでしょうか。

血糖値が高いことで起こる症状というのは
・喉が渇く
・尿が多くでる
・体重の減少

このような症状が現れたときは血糖値の高い症状が現れており、糖尿病のリスクが高くなっているので注意してください。

糖尿病というのは初期段階ではほとんど症状が現れてきません。
血糖値が高い状態がずっと続いていくと喉が渇いてきたり、水分をとることが多くなり尿がたくさん出ます。
またそれだけでなく疲れやすくなったり、食べても食べても体重が減るといった状態になります。
もしこのような状態が続いているようであれば、ちょっとおかしいなと思い病院を受診するようにしてくださいね。

血糖値が上昇していまうペットボトル症候群

実は自然と血糖値の上昇に繋がってしまうペットボトル症候群というものがあります。
名前から想像できるかもしれませんが、ジュースやスポーツドリンクなどの糖分の多いものを日常的に飲むことです。
これによって慢性的に血糖値を上昇させてしまっている状態になり、これに気づかずに病気になってしまうことも多いです。

気軽に購入できるペットボトル商品ですが、出来れば食事をとる時はジュースなどではなくお茶や水といったことを心がけてください。
血糖値下げるサプリメントも有るので気になったら確認してみてください。

おわりに

血糖値が高くなる原因は普段の生活にあることを分かってもらえたかなと思います。
大事なのか食事と運動です。
でもこれは誰もが普段の生活に密接しているものなので、あえて何かをプラスして行うものではありません。

そのため、取組みをしやすいといえばしやすいものになるので、ちょっと血糖値が高いなと思えば、一気に生活リズムを変えるのではなく1日1食心がけてみる、1週間に1回の運動をするといったようにしましょう。

-血糖値

Copyright© おすすめ糖質カットサプリ「金の菊芋」の口コミ・効果!医者の実験でわかった! , 2018 All Rights Reserved.